>

支援資金を受けるためにすべきこととは

ソーシャルビジネス支援資金に該当するか

ソーシャルビジネス支援資金に該当するのは、NPO法人であれば保育サービス事業、介護サービス事業を営む方、また認定NPO法人、社会的課題の解決を目的とした事業を営む方、それ以外の事業者です。またNPO法人以外でも保育サービス事業、介護サービス事業、また社会的課題の解決を目的とする事業とされています。
この事業は、日本標準産業分類で定められた老人福祉、介護事業、児童福祉事業、障碍者福祉事業に該当するものであること、また日本公庫が定める要件を満たしていることが求められます。
つまりこれらに該当するソーシャルビジネスであること、若しくはこれからこうした事業を始めようとしている方が該当するということです。ご自身の事業がそれに合致するものであるか、まずはこれを確認してみましょう。

必要書類とは

ソーシャルビジネス支援資金を受けるためには、その融資先である日本政策金融公庫に、事業の内容がNPO法人であるのか、また社会的課題の解決を目的とする事業であることを明確にする必要があります。
そのためご自身の行っている事業がどのようなものなのかが明確になる書類は必要ということ。例えば事業計画書、また社外向けの会社案内といった資料も事業を明確にするために必要な資料となります。そのほか、これまでどのような事業を行ったのかなどを明らかにする決算書も必要でしょう。このほか、活動の際に作成した様々な資料の提出も求められる可能性があります。
どんな資料が必要なのか。それは事業によってその内容が異なるように、その企業によって求められるものも異なるものです。まずは日本政策金融公庫の窓口や専用の相談ダイヤルにて確認してみましょう。


この記事をシェアする