>

支援資金の仕組みとは

ソーシャルビジネス支援資金の仕組みとは

ソーシャルビジネス支援資金では、社会的課題の解決に向けて取り組むNPO法人や中小企業や小規模事業者に向けて、その運営資金を日本政策金融公庫が融資するという制度です。そしてなによりも、そのNPO法人の業務形態や行われている事業内容には制限があるというところに特徴があります。
この支援資金では、とくに保育サービスや介護サービス、その他に社会的課題の解決を目的とする事業を営む法人に対して融資を行うというもの。社会的課題の解決を目的とするというと漠然と聞こえますが、例えば子育て支援として放課後クラブを運営するNPO法人や、被災地の再生を目標として空き店舗などを活用して地域内外の集客を目的に行われるもの、また高齢者の健康な心身を育むためのデイサービス活動などが該当します。

どんな支援資金を受けられるのか

ソーシャルビジネス支援資金で融資を行うのは、日本政策金融公庫や沖縄振興開発金融公庫です。支援資金は、対象となる法人の事業を運営するために必要な資金として限定されていますので、それを超えると認められる事業は対象となりません。
融資の限度額は、担保がある場合には7,200万円が上限となっていますが、例えば新しく事業を始めようとしている方、また事業開始後で税務申告を2期終わっていないという場合には新創業融資制度を受けることができます。もし2期以上行っているとしても大丈夫。担保を不要とする融資という制度があり、こちらを併用することも可能。無担保でも融資を受けることができます。
貸付の期間は、設備資金の場合20年以内、運転資金の場合は7年以内とされています。加えて最初の2年以内は据え置き期間として元本支払を猶予され、利息のみの支払で良いのです。


この記事をシェアする