NPO法人を対象としたソーシャルビジネス支援資金とは?

ソーシャルビジネス支援資金の仕組み

ソーシャルビジネス支援資金を受けられる人は

社会に残る様々な問題は、本来行政やそこに暮らす地域住民や自治体の問題とされてきました。しかし社会の複雑化、多様化により行政や自治体のみならずNPO法人という存在の必要性がますます広がっています。
非営利活動法人を行うNPO法人は、その高い目標こそ社会的課題の解決を目的とする事業として認められる存在である一方、運転資金などその運営方法には日々苦労することも多いものでもあります。実際、内閣府のアンケートによって、NPO法人の多くが資金の調達や人員の確保に多くの労力を費やしていることが明らかになっています。
社会的課題の解決を目的とする事業として認められていても、どのように活動資金を用意するか、これが今、NPO法人が抱える問題であることが明らかとなったともいえましょう。
NPO法人の活動資金を集める方法として、様々な方法が活用されています。しかし、どの方法も全てが有用であるとはいえません。その証拠にアンケートで多くのNPO法人がその活動資金の調達に苦慮している実態が明らかになっているのです。
こうしたソーシャルビジネスを行うNPO法人や中小企業や小規模事業者に向け、その事業の活動を支えるべく設けられたのがソーシャルビジネス支援資金です。この資金は、政府傘下の金融機関である日本政策金融公庫が、ソーシャルビジネスを行うNPO法人や中小企業や小規模事業者に向けて、その活動資金を融資するというサポート制度となっています。融資といっても、一般の金融機関よりも貸付期間も長く、また融資上限も高くなっています。ソーシャルビジネスを行っている方、またこれから始めようと思っている方に、その内容を詳しくご紹介します。

NPO法人の未来は社会の未来に通じる

ソーシャルビジネス支援資金とはどのようなもので、誰が受けることができるものなのかをご紹介します。対象となる人は全てではありません。定められた特定の業種を行うNPO法人などが該当します。ポイントはこのNPO法人などというところです。その具体的な対象者とはどのような人たちでしょう。

支援資金の仕組みとは

ソーシャルビジネス支援資金について該当する対象者と共に、どんな仕組みとなっているのか、こちらも併せてご確認いただくのが一番です。ソーシャルビジネス支援資金では、支援する対象者と併せて、その支援の仕組みや要件なども定められています。その内容について詳しくご紹介します。

支援資金を受けるためにすべきこととは

ソーシャルビジネス支援資金を受けるためには、その手続きも欠かせません。また支援資金に該当するか把握するにはどのような確認事項があるのか、こうしたチェックも欠かせないでしょう。そんな支援資金を受けるために欠かせない手続きに関するポイントについてご紹介します。